バジル染め リベンジ

| コメント(0) | トラックバック(0)
豆乳で下処理した布を、前回同様に抽出した染液のなかに入れて15分...そしていよいよ媒染です。
ボウルに水2.5リットル(染めるものの重量の30〜50倍)を用意してみょうばんの媒染液を大さじ2杯いれて混ぜます。一度ボウルのなかで軽く水洗いした布を軽く絞ってから媒染液に入れ、ときどきかき混ぜながら15分浸けます。布を取り出して軽く水洗い。軽く絞ったら最初の染液に再び入れて火にかけ、80度になったら10分温度を保ちます。火を止めたら常温になるまで放置して...
流水ですすぎます!
やった〜!すすいでも色が落ちません!
風通しのよいところで陰干しして完成。豆乳効果か、媒染効果か...とにかくリトライでバジル染めは成功しました。
色はハーブティーのような自然な色合い。毛糸など染めて編み物にするとよさそう。

最初に手抜きをしようとして失敗したからこそ、下準備の重要さがわかった染めの体験。
でも、思ったよりは手軽に染めができることも発見でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tamabi.org/mt/mt-tb.cgi/66

コメントする

このブログ記事について

このページは、共有IDが2010年12月21日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「媒染って?」です。

次のブログ記事は「「レストランは仲介業」谷川さんのお話から...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。