バジルティーのはなし

| コメント(0) | トラックバック(0)


「バジルティーのはなし」



9/28()、育てたバジルをどう応用できるかということから

バジルティーを飲んでみよう!ということになりました。


用意したのは、摘んだばかりのフレッシュバジル。



P1030841.JPG















お湯に入れ、待ってみること数分。


「こんなものかな?」というだいぶアバウトな私たちバジル班(笑)



P1030851.JPG
















甘味も必要かと思い、念のため、はちみつとメープルシロップも用意。


P1030842.JPG
















あと同時に、ブレンドも試してみることに。

このときは一緒に紅茶とブレンドしてみました。



ちなみに色は写真の通りです。


右がバジルティー。 左が紅茶とブレンドしたバジルティー。


P1030855.JPG















でもまずは、バジルティーそのままで飲んでみましょう。


P1030852.JPG















各自コップに注ぎ、いざ試飲...!




「...!」




P1030856.JPG














なんともまぁ、予想外の味。





すばり、おいしい☆☆☆





出来上がるまで待っていたときの香りは少々きつく

いかにも「バジル」的な香りが部屋中にしていたんですが、

飲んでみると予想外に爽やかで作った私たちが1番びっくりしました。


正直、強烈な香りが口のなかに広がると思っていたので、、、




ちなみにブレンドバジルティーと普通のバジルティーでは、

バジルティーのほうが個人的にはおいしい気がしました。


P1030853.JPG















バジル班をはじめ、みんなで試飲。


なかなかの好評価!


もちろんなかにはダメなひともいたみたいですがね(苦笑)







ちなみにバジルティーの効果は、一般的に、

鎮静効果・リラックス効果、食欲・消化推進効果、殺菌・抗菌作用、咳止め、防虫効果といわれています。


古代ギリシャでは「王家の薬草」として浴場や薬に使われるなど、

昔からその効能が知られているものでもあります。


私たちがバジルについて調べていくなかで1番びっくりしたのが、

なんとバジルには抗ガン作用があるということ!



飲んでからしばらくすると、身体がポカポカしてきたような?


自らで効能を体験した私たちでした~。



P1040235.jpg
















(U)


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tamabi.org/mt/mt-tb.cgi/59

コメントする

このブログ記事について

このページは、共有IDが2010年12月10日 21:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バジルパン-ワインの木テラの谷川シェフに作っていただきました」です。

次のブログ記事は「コラボのはなし その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。