バジル染め その1

| コメント(0) | トラックバック(0)
さらしとタコ糸をいよいよバジルで染めます!

バジルはフレッシュはそのまま、ドライはお茶パックにいれて、鍋の中で煮出します。(抽出)

P1030973.jpg

水の量はハーブの量のおよそ100倍。沸騰したら弱火にして15分。
濃いハーブティーを作っているような感じ。
部屋中にバジルの香りが漂います。

抽出できたら布がしっかり浸かる量の染液をつくるため、水を加えるのですが今回は布が小さいため
濃いめのハーブティーのままで。
色止めの塩を少々加えます。

水に浸けておいた(湿らすことで染めつきがよくなるそう)布とタコ糸をいよいよ染液に入れます。

P1030987.jpg

菜箸でかき混ぜながら中火にして温度を60度まであげ、
火をつけたり消したりしながら15分温度を保つ。
熱に弱いハーブは沸騰させると色素が壊れてしまうものもあるようで温度管理は重要そうなのですが、
温度計がないため、沸騰しないよう気をつける程度に...

15分たったら冷まします。
冷めるのを待つ間、バジルと収穫した茄子でちょっとしたおつまみを...わくわく。

P1030994.jpgP1040005.jpg

冷めたらいよいよ流水ですすぎ洗い!

P1040011.jpg

洗ったら...



P1040017.jpg

真っ白に戻りましたとさ!失敗!

(石井)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tamabi.org/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする

このブログ記事について

このページは、共有IDが2010年11月 9日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「マグカップで染められます」」です。

次のブログ記事は「屋上バジルの感想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。